田舎暮らしの魅力とは

田舎風景

田舎の魅力

田舎の魅力とは?自然豊か・空気が綺麗・食べ物が美味しいというロハスなイメージ。昔から変わらない、自然と調和した昔ながらの人々の暮らし。田舎では古き良き日本の姿が少なからずとも今も残っています。田畑の広がる光景、里山・川のせせらぎ。中には昔から変わらず佇む日本家屋・古民家まで。
そんな昔ながらの光景は幼き時代を過ごした世代からは懐かしく時が止まったままのように。そして、若い世代の人には、まるで映画の世界のように感じます。
移住を検討している人も、ただ休暇を楽しむだけで訪れる人も。田舎の景色には魅了されます。

田舎暮らしの魅力

田舎暮らし

昨今、田舎暮らし・地方移住がマスコミやメディアで取り上げられるようになり、この言葉に憧れる人が昨今増加しています。
高度成長期以降、日本の人口は都市部へ集中し、地方からは若い世代を中心にどんどんと人が流出していくという図式が定着しています。
そんな中、「なぜ今、わざわざ田舎へ移住するの?」と思われる方がほとんどでしょう。
一方、この記事をご覧になっている方は「田舎暮らし」への興味をお持ちの方が多いと思いますので、田舎暮らしの魅力を多少なりとも感じていることと思います。当然便利さを求めると都会での生活に軍配は上がります。考え方の違い、ライフスタイルの違いは人それぞれです。
都会で忙しく仕事をしている人も時には地方や観光地でのんびりとした時間を過ごす事でしょう。たまに行くから良いというのも一つの意見ですが、便利さを求める人が多い中、あえて不便なのが良いという人までいるのです。
便利になりすぎた現在社会とは一線を引き敢えて不便な田舎で暮らしてみたい。
といいつつも、インターネットやスマートフォンなどというアイテムが普及しているので交通が不便でも意外と生活が不便ではないという考え方も増えてきているようです。
従来の昔ながらの生活を楽しむ田舎暮らしに加え、オシャレにロハスな生活を楽しむという若者のスタイルも地方移住に定着しつつあります。いずれの楽しみ方も、田舎暮らしを楽しむということに変わりはありません。

田舎暮らしの魅力

田舎暮らしと一言に言っても、人それぞれスタイルは色々。
ただ、本当にのんびりしたいだけとお考えの方、本当に毎日のんびりしてるだけじゃ飽きてしまいます。
のんびり、ゆっくりと流れる時間の中で、その日の目標・目的・楽しみを探し、充実したセカンドライフを送りましょう!
田舎暮らしの魅力は、ゆっくりと流れる時間の中で、新たな発見や今まで感じなかったものを感じられるようになる。
自分自身と向き合う時間を与えてくれる事だと思います。
田舎暮らしに限らず言えることですが、仕事第一の生活ではなく、プライベートの充実・自分の時間を自由に使うことを優先したライフスタイルであって、決してただ単に暇な毎日を送るということではありません。


田舎暮らしの楽しみを見つける

あなたなら何をして過ごしますか?
その地域・そしてあなた自身のライフスタイルにあった過ごし方を考えてみましょう。

  • 家庭菜園・畑など自給自足生活にチャレンジ
  • 古い家を買ってDIY・セルフリフォームにチャレンジ
  • 楽器の演奏や絵画、陶芸など芸術に勤しむ
  • 釣り三昧、マリンスポーツを楽しむ
  • 登山、ハイキングなど山歩きを楽しむ
  • 景勝地・史跡巡りなど周辺での旅を楽しむ
  • その地域にピッタリのビジネスを考える


スローライフは好きな事をする為に自分の時間をゆっくり過ごせるのが醍醐味。
せっかく都会を離れ静かな環境で送る日々。陶芸や絵画などの芸術、自然を満喫する遊び等を見つけてみてはいかがでしょうか?
今まで経験のない事でも始めてみれば以外に自分に合ったものが見つかるかもしれません。
そこにしかないモノ、そこでしかできないコトを考えてみるのもきっと楽しいでしょう。
目的を決めている方は、田舎での楽しみ方・目的から移住先を探してみましょう。

地域ごとに感じる田舎の魅力

田舎暮らし、移住するといっても、どこに行きたいか?漠然としたエリアを想像するのは中々難しいものです。
四季の変化に恵まれた日本列島ですが、北は北海道から南は沖縄、気候・風土だけでなく、その土地の人々の気質・人柄や風習も全く異なります。
旅行で訪れたことのある地域、テレビや雑誌で見て行ってみたい地域など、色んな場所へ足を運んでみましょう。
でも、物件選びはフィーリングです。もっとほかの地域も、もっと他の物件もと探していると、物件探しという名の旅行になってしまいます。
そこへ移住した時の自分が想像できる物件に出会えたら、気になる物件と巡り合えたら迷わず決める事も大事です。
序盤でも書いていますが、そこでしたい事。目的が見つかればそれが一番です。あなたのしたい事を実現できる場所から探し始めてみてはどうでしょうか?


暮らしのお金から見た田舎暮らしの魅力

さて、田舎暮らしの生活費は都会で暮らすのと比べどうでしょうか?
最大のメリットは住居費(家賃・物件の購入価格・固定資産税)が安いことです。
農産物などに恵まれ、生活費も全体的に安く抑えられるのでは?と思われがちですが、そこは一概には言えません。
例えば、都会で自動車なしで生活している方にとっては、田舎での必需品といえる自動車の購入・維持・ガソリン代等の交通費が発生します。また、ガスはプロパンガスが主流で、都市ガスに比べ高くついたり、寒冷地では冬季の燃料代が思いのほか高くなります。
食費については、おすそ分けや農産物が安く買える事が多い一方で、工場生産の製品など全国に流通しているものについては輸送コストから少し割高な物もあります。
それでも移住者のアンケートでは食費の部分が安くつくケースが多いので、その点は安くて新鮮な野菜等が手に入る故でしょう。
食費のウェイトが大きい家庭の場合、田舎での生活が安くつきますが、光熱費を多く使われる家庭の場合注意が必要です。
また、行政サービスや健康保険料・介護保険料は地域によって大きな差がありますので事前に調べておきましょう。


まとめると、住居費◎ 食費〇 光熱費▲ 交通費・自動車▲ というところで、総合的には都会での生活よりやや安くつくケースが多いです。
都会で持ち家を持たれている方は、売却し田舎での物件購入や貯蓄に回し田舎物件を賃貸する事で貯蓄にゆとりができるというメリットもあります。


移住に関するお金のご相談

移住は人生の一つのターニングポイントとなります。今までと違うライフスタイルを選ぶと同時に、生計についても考える必要があります。

移住後の生活費の不安について、移住に伴う現在の住まいの売却・移住後の住まい購入に関するご相談、

当サイト「ビギンズ」のファイナンシャルプランナーまでお気軽にご相談下さい。

田舎暮らしのお金の相談・試算

移住支援制度

ここで移住に関するお金のお話で耳寄りな情報を少しお届けします。
全国各地の自治体では地域の過疎化を食い止めるため、様々な政策を打ち出しています。そんな政策の一つが「移住支援制度」。
県外から引っ越してくれば〇〇万円を助成、移住に伴い物件を購入すれば購入費について一部を助成。リフォーム代を助成などなど、中にはもの凄くお得な制度もあります。
住みたいエリアが決まれば、移住支援制度の実施についても調べてみると良いでしょう。

人との触れ合い・田舎の生活

よく田舎暮らしをすると近所付き合いが大変だとか村の行事が多くて大変だとかいう話を耳にします。
確かに都会に比べ、近所付き合いも村の行事も大変かもしれません。
人口密度が高く、市町村が豊富な税収によって小さなエリアをカバーできる都会とは違い、田舎では広大な面積の田畑に加え山林まで少ない人口による税収で支えていかなければなりません。行政だけで対応できる範囲は限られており、各自治会・住民で農道や水路・ため池の維持管理、消防署だけではなく地域住民による消防団など、協力してやっていかなければなりません。
自分たちが住む地域を自分たちの手でしっかり管理しているというのが実情なのです。当然、協力してやっていく以上、近所付き合いも大事にしています。
都会では近所付き合いがあまりなく、マンションなどでは隣の部屋の人の顔と名前がわからないなんてことも多いですが、田舎では村中の家の名前・家族構成を把握している事が多い。
近所付き合い・村付き合いが煩わしいという方にはやはり田舎暮らしは根本的に難しい所があるかもしれません。
一方で、他人との繋がりが希薄な現在社会で温かい繋がり・コミュニティーが形成されているという見方もあります。
都会であれ、田舎であれ人と人の繋がりは大事なものです。思いやりの精神でお互いが接する事で良好な関係ができます。
知らない土地への移住、天涯孤独で生活するよりも人の助けがあった方がより快適に生活もできる事でしょう。

最近では人口の流出を食い止めようと、他所からの移住者に対して昔からの村の決まりを無理やり押し付けたりという事をしない地域もあります。
生まれ育った地で昔からの顔なじみで形成されているコミュニティだけに移住者の受け入れに対してまだまだ消極的な部分もありますが、それでも昨今の地方移住ブームの影響か移住者への抵抗は以前に比べ減ってきていて、中には移住者の受け入れに積極的に取り組む地域もあります。
物件探しの際に地元の人と出会う機会があれば、色々と地域の事は聞いてみましょう。

田舎最大の魅力・自然の恵み

どうでしょうか?田舎暮らしのイメージ膨らみましたか?
古き良き日本の姿。先祖代々と地元の人々が自然を大事に守り抜いた田舎。
人間が本来持っている「土と共に歩み、水や草木、他の動物との共生する」正に自然の恵みを感じ取ることができる生活がそこに待っています。
決して便利とは言えない生活。でも昔ながらの人間らしい生き方。是非田舎暮らしで自然を満喫し、新しいライフスタイルにチャレンジしてみましょう。


田舎暮らし・移住を希望される人は引き続き当サイトで物件探しをどうぞ♪

スポンサーリンク
   スポンサーリンク