賃貸で始めるスローライフ

スローライフ・田舎暮らしは田舎物件の購入から・・・。
田舎物件専門サイトでも賃貸情報が少ない事から特にそう感じる方も多いのでは?

でも、「田舎暮らしが継続できるか心配」「物件購入費用が足りない・・・」など・・・
スローライフに興味はあるがなかなか踏み出せないという方もいるのではないでしょうか。

田舎物件でローンを組む事が難しい。
年金暮らしでまとまった資金は使いたくない。
家族が将来の相続時に田舎物件が残る事を懸念。
環境や近所付き合い等、移住先に馴染めるか不安。
将来、体調等の理由により街に戻る事も考えている。
低予算でスローライフがスタートできます。購入する場合に比べて移住後の生活資金にも余裕が持てます。
期間限定のスローライフが可能。いろんな地域に住んでみたい方や、将来は街に戻る予定の方も◎
「移住してみたいけれど、続けられるか不安…」という方に、賃貸ならお試し田舎暮らしが可能です。

田舎暮らし賃貸・売買の比較~あなたにあったスローライフは?~


   賃貸(借りる) 売買(買う)
初期費用 初期費用は抑えられる。 物件購入にまとまった資金が必要。
リフォーム リフォーム等は大家さんの承諾が必要。
自分の好きなようにリフォーム等ができる。
ランニング
 コスト
毎月の賃料が必要となる。 固定資産税が必要であるが、賃貸と比べると10分の1程度までで済む。
リタイア 田舎暮らしリタイアの時も家の売却等の後処理がなくスムーズに退去が可能。元気な内だけの期間限定スローライフを楽しむつもりなら◎ 田舎暮らしリタイアの時には家の売却処分等が必要。購入時の価格よりは低くなるが、ある程度まとまった資金が回収可能。
田舎では500万円以下の物件も比較的多く、安価で取得した物件であれば、数年居住した後売却しても値下がり幅が少ない事もあります ◎ある程度予算があるなら思う存分自由の効くマイホームを手に入れてスローライフを楽しもう!
メリット

デメリット
初めての田舎暮らしで不安な地域性や利便性。賃貸なら気軽にスローライフを始められるのがメリット。長く住むのであれば購入の方がコストパフォーマンスは良い。 購入すればリフォーム等ももちろん自由。リタイアの時には家を売るか他人に貸すという手段もあり、資産が残る分賃貸より相対的に得になる。但し、田舎なので立地上、売却までに時間がかかる事も懸念される。




スポンサーリンク
   スポンサーリンク