空き家バンクとは?

空き家バンク制度について

空き家バンクとは、空き家の売却・賃貸希望者と移住希望者を結びつける制度です。
過疎化が進む地方自治体では、管理されていない空き家が目立ち、放置し続けると倒壊の危険もあり早急に対策が必要とされています。
こうした空き家を活用し、移住者を増やし地域活性化に取り組む事を目的として空き家バンク制度を導入されています。

空き家バンク物件は不動産業者が少ない地域や、取引価格が安く不動産業者が手数料収入にならない等の理由から仲介を拒むような物件も多く掲載されている為、一般の不動産情報とは異なる思わぬ掘り出し物に出会うことも。

物件情報は地元の方々から広報誌や自治体のホームページなどで広く募集・収集し自治体のホームページ等で空き家バンク情報を提供しています。
通常の不動産売買では不動産業者がメインとなりますが、地方公共団体等が物件を紹介することによる信頼感や、実際に暮らしていく上での不安な点や公共機関・行政サービス・気候などの生活情報についても、自治体の職員が答えてくれるのが安心です。また、地元の方々からの理解を得やすくなるというのも、空き家バンクを利用するメリットのひとつです。

実際の契約までの流れは自治体により手続き方法が異なり、地元の不動産業者が仲介会社として入るケースや直接売主様・貸主様と交渉、契約するケースなど契約形態も自治体により異なります。

空き家バンク 直接交渉タイプ

メリット :直接交渉なので不動産業者の仲介手数料等の費用が発生しない。
デメリット:不動産業者の仲介がない為、契約書の作成等も自分で行う必要がある。



空き家バンク 仲介タイプ

メリット :不動産業者が介在する為、プロの調査による重要事項説明を受ける事、契約書の作成から引渡しまで任せる事ができる。
デメリット:上記の通り、契約・交渉のプロセスが通常の不動産取引と同様の為、仲介手数料が発生する。

空き家バンクのメリット・デメリット

【メリット】

  • 家賃、売買価格が安い物件・掘出し物に出会える可能性!
  • 空き家バンク経由で購入すると補助金が交付される事も
  • 当事者同士の直接交渉の場合、仲介手数料が不要
【デメリット】

  • そのまま住めない家も多い
  • リフォームは入居者負担となる事が多い
  • 売買・賃貸契約は当事者同士の場合契約トラブルに注意が必要
  • 自治体が貸主等の条件の良い物件は抽選になる事も


※上記は自治体によって異なります。実際の物件案内や契約の時点で指定の不動産業者が介入し仲介手数料が必要になる場合、リフォーム済みですぐ入居できる住宅情報が提供されていることも。
地域・物件ごとに条件は様々なので物件探しには労力がかかりますが、その分お買い得な物件に出会えるチャンスがあります。

空き家バンクの特徴

空き家バンクの運営は、「自治体」・自治体に依頼された「NPO法人」や「宅地建物取引業協会」などが運営しています。
ほとんどの自治体では自治体の職員が運営し、移住に関するワンストップ相談窓口として周辺の生活環境・天候なども職員が答えてくれます。
自治会への取り次ぎなど、受け入れ態勢が整えてくれることも空き家バンクの特徴です。
また、空き家バンクは空き家の解消・再利用という目的の他、地域活性化という目的がありますので、移住者への地域交流・地域イベントへの参加なども求められる事があります。
※自治体により対応が異なりますので、いろいろと質問してみましょう。

一方で、不動産業者による物件とは異なり、基本的に契約手続き自体には関与しないことになっていますので、家主様との直接交渉や契約手続きは不動産業者による仲介となる事もあります。
不動産業者による仲介が必要なケースでは、自治体の空き家バンク窓口から申し込んだにも関わらず結局通常の不動産契約と変わらないと感じる事もあるかもしれませんが、行政が介入している事で信頼感、地域への受け入れ態勢・移住に関する補助等の側面からのサポートがあるのは利点です。
※ただし自治体は取引のトラブルについて介入しないので、特に家主との直接交渉のケースでは契約事項についてはしっかりと内容確認しましょう。

空き家バンクの利用方法

空き家バンクの運用は各自治体ごとに異なります。まずは移住してみたい自治体のホームページから空き家バンク物件を探してみましょう。
気になる物件があれば、自治体へ問い合わせし、内見方法や入居までの流れについて確認してみましょう。
不動産業者が仲介・販売しているような物件ばかりではありません。多くの物件が空き家のまま放置されていたり、家財道具も残ったままということも。
状況をしっかり確認し、現地確認・内見をしっかりしておきましょう。

ビギンズで空き家バンク物件を探す

   スポンサーリンク