移住支援制度

移住支援

現在、全国の地方自治体が地域活性化への取り組みの一環として、Iターン、Uターン等の移住者への支援対策を行っています。
物件を賃貸・購入される前に、こういった制度を下調べしておけば、物件購入時の予算の削減や移住後の就業等スムーズに新生活を始める事ができるかもしれません。

各自治体の取り組み事例

 ※当サイトにて空き家バンク自治体登録されている自治体様について掲載しております。

 ◆愛媛県 宇和島市
   ◎移住体験住宅(月々4,300~利用できる移住体験住宅。間取りは2~3DKの家具・家電付き物件となっており、1ヶ月から最長3ヶ月利用可能。

 ◆鳥取県 倉吉市
   ◎移住定住相談員があらゆる相談にワンストップで対応。
   ◎空き家バンクに登録されている空き家を購入する方に15万円助成。
   ◎住宅の購入・改修に、最大100万円の補助を行う住宅取得支援制度。

 ◆大分県 豊後大野市
   ◎子ども医療費助成
    0歳から中学校卒業までの医療費(保険診療の自己負担分を全額助成
   ◎保育料補助
    認可保育所(園)に入所している3歳未満児の保育料を、第2子について半額、第3子について無料。
   ◎新規就農者技術習得研修施設
    新たに農業経営を目指す優秀な人材の確保及び、その育成を図り、もって定住人口の増加に資する。

 ◆鹿児島県大崎町

   ◎子ども医療費助成事業
   ◎定住住宅取得補助事業(最高100万円)
   ◎町有宅地分譲事業(格安で分譲中)
   ◎新規就農者支援事業
  
 ◆鹿児島県志布志市

   ◎移住定住促進事業
     住宅取得補助金・・・住宅の新築または購入の場合、経費の1/5、最高で200万円を助成。
     子ども補助金・・・・小学生以下のお子さん1人あたり20万円を助成)

 上記自治体の照会は当サイト空き家バンク登録時のものです。詳細・現在の支援制度については各自治体へ直接お問い合わせ下さい。


スポンサーリンク
   スポンサーリンク