移住に関する試算・ファイナンシャルプランナーに相談

移住に関する試算をしてみよう

暮らしのお金から見た田舎暮らしの魅力
さて、田舎暮らしの生活費は都会で暮らすのと比べどうでしょうか?
最大のメリットは住居費(家賃・物件の購入価格・固定資産税)が安いことです。
農産物などに恵まれ、生活費も全体的に安く抑えられるのでは?と思われがちですが、そこは一概には言えません。
例えば、都会で自動車なしで生活している方にとっては、田舎での必需品といえる自動車の購入・維持・ガソリン代等の交通費が発生します。また、ガスはプロパンガスが主流で、都市ガスに比べ高くついたり、寒冷地では冬季の燃料代が思いのほか高くなります。
食費については、おすそ分けや農産物が安く買える事が多い一方で、工場生産の製品など全国に流通しているものについては輸送コストから少し割高な物もあります。
それでも移住者のアンケートでは食費の部分が安くつくケースが多いので、その点は安くて新鮮な野菜等が手に入る故でしょう。
食費のウェイトが大きい家庭の場合、田舎での生活が安くつきますが、光熱費を多く使われる家庭の場合注意が必要です。
また、行政サービスや健康保険料・介護保険料は地域によって大きな差がありますので事前に調べておきましょう。


まとめると、住居費◎ 食費〇 光熱費▲ 交通費・自動車▲ というところで、総合的には都会での生活よりやや安くつくケースが多いです。
都会で持ち家を持たれている方は、売却し田舎での物件購入や貯蓄に回し田舎物件を賃貸する事で貯蓄にゆとりができるというメリットもあります。


ファイナンシャルプランナーによる相談

田舎暮らし物件の総合サイト「ビギンズ」専属のファイナンシャルプランナーによる相談・試算(シミュレーション)サービスのご案内です。

ご相談
 ・メール・電話での相談対応可能(相談料無料)
   ※ご相談内容に応じ、以下試算が必要となった場合にお見積りさせて頂きます。(お見積り後ご依頼をご検討されても結構です。)

試算(シミュレーション)
・移住に伴い、現在のご自宅を売却や賃貸し、移住先での物件購入・賃借した場合の試算
・移住地での健康保険料・介護保険料の概算
・移住後の生活シミュレーション(移住地の生活費水準を想定し試算します。)
  ※現在自動車を乗られていない場合で移住後自動車が必要な場合自動車保有によるコスト等も概算

ファイナンシャルプランナーに相談する
スポンサーリンク
   スポンサーリンク